ラグドールの女の子達との生活


by aristo-cats
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

真夜中の騒動

c0013217_10405244.jpgこのゲージの上へ、Bellがいつの間にか、自力で登れるようになっていました。
かなりの高さがあるので、もちろんダイレクトではなく、玄関の靴箱を経由してだろうと思われます。
(未だ登る現場を見たこと無し)
ここ2~3日、夜はそこで寝ているようですが、降りるのが難儀らしく、か細い声で、「びゃっ、びゃっ」()と鳴いたあと、真夜中にものすごい落下音と共に、降りて(落ちて)いました。降りる時はダイレクトなのが謎ですが・・
その音に、敏感なSallyは飛び起きてしまいます。

今朝3時頃、Bellが「びゃっ、びゃっ」と泣き出しました。
(何故か猫の鳴き声は、寝てても気付く私)
Bellが飛び降りるとSallyがまたビックリしてしまうので、私は急いで起きて、Bellをゲージから降ろしました。
私はその後すぐに寝室(2階)に戻ったのですが、Bellはトイレに入った後、私達の寝室にやってきました。
いつものように、ご機嫌でゴロゴロいいながら、私の枕元を通り過ぎた時、いや~な香りがしたんです。
Bellはすでに、ダンナさんの布団の上に座っていました。
お尻をペッタリとくっつけて。
急いでBellをひっくり返して見ましたが、もうその時は遅かったんですねー、お尻に付いていました。アレが・・アレが・・
あー・・、初めて布団にアレを付けられてしまいました。

落ち込んでいてもしょうがない、とにかく、Bellをこのまま放置するのはあまりにも危険なので、1階へ連行!!
本当は、洗ってあげるのが一番良いのは分かってるんですが、なにせ夜中の3時過ぎ・・
そんな気力はなく、拭いても取れないモノは、毛と共にひたすらカットしました。

そんなこんなの、騒動にはピクリともせず、ダンナさんは朝までぐっすり眠っていらっしゃいましたよ。(ホント起きない人)

()Bellの鳴き声は、はっきり言って変です。
Sallyは、猫らしくカワイイ声で鳴くのに、Bellは、だみ声で「ワン」とか「あの~」とか鳴きます。

c0013217_1243013.jpgSally「アンタ、おトイレれは綺麗にしないtダメでしゅよ!」
Bell「う~ん、だってぇ~」
「だって じゃない!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-19 12:51 | Bell