ラグドールの女の子達との生活


by aristo-cats
カレンダー

<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

テレビもパソコンも

Bellは、パソコンの画面を見るもの好きらしい。
食い入るように見つめてます。
c0013217_8475555.jpg
Bell「もちかちて、これ アタチ?」

c0013217_8482046.jpg
Bell「テレビもいいけど、こっちも おもちろいでちゅ!」

たまに、キーボードを踏まれて訳わかんない画面にされる時も・・

c0013217_953848.jpg
Sally「あんまり見過ぎると、お目々が悪くなっちゃいましゅよ!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-30 09:11 | Bell

プチ行方不明

ウチのダンナさんは、心配性です。はい、かなり。

今朝、出勤間際のドタバタしている時に、ダンナさんが「Bellピューが居ないっ!!」( と騒ぎ出しました。
私は、またかー(過去にもあった)という思いと、どこからも出られる隙間は無いということ、
プラスせわしなさで、「えー?、どっかに居るって」と、まるで相手にしていませんでしたが、
ダンナさんは、「Bellピュ~!Bellピュ~!」と1階、2階と探して回って、
「それでも居ないっ!!」と更にパニクってエスカレート。

私も探してみましたが、居ない・・
着替える時間(私は最後の最後に着替えます)も無くなって来たので、
取り合えず着替え部屋へ。
すると、カーテンの奥に膨らみが・・ダンナさんの、安堵の溜息。
カーテンをめくると・・あぁ、居ました。
ノンキに寝てましたよぉ。そして、振り向いてゴロゴロ・・
全くお騒がせな娘ででございますよ。

c0013217_21143972.jpg
Bell「寝てたら、何も聞こえないでちゅ・・」

ネコって、暗くて狭い所が好きなので、どこにいるか分からなくなる時ってあります。

:ダンナさんのネコの呼び方には、ついて行けないものがあります。
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-28 21:23 | Bell

ショータイプ

Sallyは、の部分に色が付いているので、ショータイプにはちょっと向かないそうです。
それが無ければイイ線をいくんじゃないか、とブリーダーさんがおっしゃってました。
私はキャットショーは、見るだけならとても興味はありますが、
出場させることに関してはあまり興味がないので、どこに色が付いていようが、おかまいなしです。
c0013217_1038376.jpg
Sally「アタシは、病院の診察台に乗るのも嫌なんだから、ショーの審査台も嫌!」
「そう言えば、雰囲気似てるよねー。台に乗せられて、知らない人に色々触られて。」  


c0013217_9429.jpg
「サーちゃん、病院の診察台に乗ると豹変するもんね。」
Sally「また、嫌なことを思い出させて・・もぉ~」


c0013217_94102.jpg
Sally「潜ってやるっ!!」

Sallyは、色はともかく性格もショータイプじゃないってことです。
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-27 12:45 | Sally

脱走の現場

Bell脱走直前の一部始終をドギュメントでお送りします。

①手と顔で網戸の隙間を広げる。
c0013217_1195185.jpg
Bell「手は入ったじょ!」


②さらに両手で広げる。
この時、仰向けになって両手両脚でジタバタ広げることもある。
c0013217_10465098.jpg
Bell「うおぉ~!もうちょっとでちゅ!!」


③顔を突っ込んで、完了。
後は脱走するだけ。
c0013217_10465964.jpg
Bell「さてと・・」


「ハイ、お疲れー。」Bell、脱走前に確保
Bell「うえ~ん、せっかく開けたのにぃ!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-26 12:16 | Bell

ヒスイへの道は遠い

c0013217_158458.jpg帰って来ました。富山県から。
天気予報だと50%以上の確立で雨だったけれど、活動している間は殆ど降りませんでした。
が!!風が半端じゃない!しかも寒い!
日本海を舐めちゃいけない。
もの凄い強風で、小石はバシバシ飛んでくるわ、飛ばされそうになるわ、もう大変でした。

しまいにゃ、「アタシ達、こんな所で何やってるんだろう・・・??」
って切ない気持ちになった時もありました。

c0013217_1593442.jpgそんな中でも、午前と午後で目ぼしい石を拾っていた頃、現地のおっちゃんがに出会いました。
「どうだ?採れたかぁ?」と聞かれ、(現地では海辺でウロウロしている人はヒスイを探している人と決まっている)
「(自信が無いので)いいえぇ、全然ですぅ」
と答えると、おっちゃんは腰に下げていたビニール袋からおもむろにヒスイの原石を取り出して見せてくれました。
(ああぁぁ~!!私達の拾ったのと全然違うっ!!)
私達は、「はぁ~・・、す・、すごいですね・・」としか言えませんでした。
それは、一目でソレと分かる程素晴らしい石でした。
願わくば、おっちゃんに私達の拾った石の鑑定をしてもらおうと思っていた自分が恥ずかしい・・
それ程に、明らかに違うんだモン。(泣
現実を突き付けられた私達は、がっくりと肩を落とし、今まで拾い集めた石を、全て海岸に戻したのでありました。
c0013217_1545742.jpg
ヒスイ探しって難しいなぁ・・とつくづく痛感した今回の旅路でした。
本当は、1泊ちょろっと行って探したくらいじゃ、余程目が肥えてるが運が良くないと見つかる物ではないんですけどね・・
未だに、本物を見つけたことの無い私達なのです。

c0013217_1638192.jpg
Bell「お土産も無しで、何しに行ったんでちゅか!」
「ただの石拾いでーす。」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-25 16:52 | 雑事

お出掛けします

明日から1泊で、富山県に行ってきます。
車で片道6時間もかけて何をしに行くかというと、
ヒスイの原石を探しに行くのです。
富山県には、有名な「ヒスイ海岸」という所があって、
そこには多くの石に混じってヒスイの原石があるんです。
去年は32回行きました。親戚からは、奇特な夫婦と思われています・・
全くの素人なので、スゴイ物を見つけたことはないけれど、
海岸線をひたすら探すという行為が好きなのかも。
なので、2ニャンにはお留守番をしてもらいます。
季節柄、特に暑くも無く、寒くも無いのでそこの所は安心です。

留守を頼むゾ!
c0013217_12474865.jpg
Bell「しょうがないでちゅね~・・」
   「ま、ご飯(カリカリ)食べ放題だから、いっかナ!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-21 12:59 | Bell

着る、被る

Sallyに、ダンナさんの古びたTシャツを着せて遊んでみました。
問題なく寝てしまいました。
c0013217_12262630.jpg
Sally「ま、それほど嫌じゃないでしゅ」


ちなみに、一昨年のクリスマスにサンタさんの赤い帽子を被せたら、
モーレツに嫌がられました。
赤目で見苦しいですが・・
c0013217_12353654.jpg
Sally「・・・・・・・・(怒」
    「わーぉ! いーやーやー!!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-20 12:42 | Sally

真夜中の騒動

c0013217_10405244.jpgこのゲージの上へ、Bellがいつの間にか、自力で登れるようになっていました。
かなりの高さがあるので、もちろんダイレクトではなく、玄関の靴箱を経由してだろうと思われます。
(未だ登る現場を見たこと無し)
ここ2~3日、夜はそこで寝ているようですが、降りるのが難儀らしく、か細い声で、「びゃっ、びゃっ」()と鳴いたあと、真夜中にものすごい落下音と共に、降りて(落ちて)いました。降りる時はダイレクトなのが謎ですが・・
その音に、敏感なSallyは飛び起きてしまいます。

今朝3時頃、Bellが「びゃっ、びゃっ」と泣き出しました。
(何故か猫の鳴き声は、寝てても気付く私)
Bellが飛び降りるとSallyがまたビックリしてしまうので、私は急いで起きて、Bellをゲージから降ろしました。
私はその後すぐに寝室(2階)に戻ったのですが、Bellはトイレに入った後、私達の寝室にやってきました。
いつものように、ご機嫌でゴロゴロいいながら、私の枕元を通り過ぎた時、いや~な香りがしたんです。
Bellはすでに、ダンナさんの布団の上に座っていました。
お尻をペッタリとくっつけて。
急いでBellをひっくり返して見ましたが、もうその時は遅かったんですねー、お尻に付いていました。アレが・・アレが・・
あー・・、初めて布団にアレを付けられてしまいました。

落ち込んでいてもしょうがない、とにかく、Bellをこのまま放置するのはあまりにも危険なので、1階へ連行!!
本当は、洗ってあげるのが一番良いのは分かってるんですが、なにせ夜中の3時過ぎ・・
そんな気力はなく、拭いても取れないモノは、毛と共にひたすらカットしました。

そんなこんなの、騒動にはピクリともせず、ダンナさんは朝までぐっすり眠っていらっしゃいましたよ。(ホント起きない人)

()Bellの鳴き声は、はっきり言って変です。
Sallyは、猫らしくカワイイ声で鳴くのに、Bellは、だみ声で「ワン」とか「あの~」とか鳴きます。

c0013217_1243013.jpgSally「アンタ、おトイレれは綺麗にしないtダメでしゅよ!」
Bell「う~ん、だってぇ~」
「だって じゃない!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-19 12:51 | Bell

Bell 身体が・・!?

Bellの身体が異様にデカイです!!
大きいのは知っていたけど・・えー!?こんなだっけー?
何かがおかしいぞ・・
c0013217_1573230.jpg
Bell「アタチもビックリ!」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-18 15:14 | Bell

呼び出し

Sallyの遊んで攻撃に付き合うのは、ちょっと大変です。
それは、お風呂場や2階から、Sallyの呼び出しがあるからです。
しかも、かなりしつこく。
レベル1は、「んなぁ~!(ねぇ~!)」。
レベル2「にゃぁ~っ!!(ちょっと~!!)」。
放っておくと、レベル3「にゃぁぁ~、おぉぉ~!!(もおぉ~~っ!!<怒)」→キレる になります。
いきなりレベル2から始まる時もあります。ええ。
c0013217_10435250.jpg
こんな感じで階段の上から下に向かって呼び続けます。

Sally「だって、遊びたいんでしゅモン」
[PR]
by aristo-cats | 2005-04-15 12:23 | Sally